学校外の個別指導塾での学びも学校での出席扱いになる

不登校でも出席扱いになる

日本の義務教育は学校以外では認められないですが、正規学校に在籍しながらフリースクールで指導を受けた日数を学校での出席扱いにすることは可能です。また、引きこもりがちな不登校生徒でも、IT等を活用した自宅学習で出席扱いにできるという方針を国が定めています。国が指定する通信教材を利用しても出席扱いになります。サポート体制がしっかりしていますし、不登校生徒の出席扱いについての相談にも応じてくれますね。個別指導塾の中には、学校に行かない道を選んだ後、どうするかについてのサポートが充実しており、例えば、自宅学習をパソコン上でサポートしたり、質問があればチャット等での面談など生徒がやりやすい方法で対応しています。

個別指導塾でのサポートとは

自宅以外の場所で勉強したい人は塾に昼間通うことも可能です。個別指導塾のサポートを受けながら通信教材で勉強した生徒が、欠席日数0日になった事例もあります。通信教材で勉強した生徒の中には、学校の定期テストを自宅で受けられた生徒もいます。無学年方式なので、生徒の理解度に合わせることも可能です。受験を希望する場合は5教科すべて指導することもできます。どこに住んでいても対応可能な個別指導塾もありますし、出席日数が足りなくて受験に不利になるかもしれない等、不登校への不安も取り除いてくれるので安心して学習することができます。このおかげで学習時間が大幅に増え、勉強が面白くなって自信がついた生徒もいるようです。